×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

米沢駅をめぐる

トップ駅をめぐる →山形県 →米沢駅

Tweet

最終更新:2016年9月18日


概要

JR 東日本の情報ページ

 米沢駅は山形県米沢市の奥羽本線米坂線が入り乱れる ジャンクション駅で、福島から来る山形新幹線の電車も 停車する。

 奥羽本線は 福島からここを経由して山形のほうへ北上していく。大体の電車はここで運行形態が分かれており、米沢から山形方面、福島方面へそれぞれ電車が運行されてい る。山形方面はそれなりに本数が確保されているのだが、福島方面は極端に本数が少ない。1 日6本ほどだったかと思う。車両は東北地方でおなじみの電車だが、奥羽本線は後述の山形新幹線の関係で線路の幅が違う(標準軌)ため、東北本線などとは別 仕様である。

 そんな奥羽本線と並行して走るのが山形新幹線である。 東京から福島までやってきてそこから東北新幹線と分かれるような形で奥羽本線に乗り入れている。つまりは在来線に乗り入れているわけである。このような形 態はほかに秋田新幹線があり、こういった形態をミニ新幹線と言った りもする。ただ、JRの在来線(狭軌)と新幹線(標準軌)では線路の幅が違うため、どちらかにあわせるか、車両や線路のほうをどうにかしないとこの乗り入 れは実現できない。そのため奥羽本線のこの区間は新 幹線の線路幅に合わせるように在来線も標準軌に なっている。米沢駅においても山形新幹線は在来線と同じホームに電車が乗り入れてくる、ということになる(後述)。

 それとは別に米 坂線という路線も米沢駅までやってきている。この米坂線は沢駅(山形県)から町駅(新潟県)までを結 ぶ。米沢から坂町まで直通する列車もまた本数が少ない。(5〜6本だったか)。そのうちの1本は快速べにばなとして運行されているが、米坂線内は各駅停車 である(直通先の羽越本線などで快速運転を行う。かつては米坂線内も優等運転していた)。そのほかに区間列車も運行されている。先ほどの奥羽本線のことを 「電車」と呼んでいたが、この米坂線の項目では「列車」と言葉を使い分けている。つまりは電車ではなく気動車である。この 米坂線もかつては仙台方面から山形を経由して新潟方面まで列車を回せたりする東北、新潟のルートの1つとして機能していたという話も聞くが、現在は前述の 山形新幹線開業にあわせて奥羽本線の線路幅が変わったので、奥羽本線と米坂線は直通運転を行うことはできない(米坂線は狭軌)。今現在はローカル線として 気動車が運行されている。とはいえ、比較的新しい車両に統一されたので、乗り心地は悪くはない。この米坂線、個人的には結構好みな路線である。

 駅構内は自動改札こそないものの、自動券売機やみどりの窓口、売店やNEWDAYSなど新幹線も止まる駅なので、それなりの設備がそろっている。 そんな駅構内に駅弁があるわけだが、ここの牛肉ど真ん中は管理人も数回食したことがある。結構美味なので、行った際にはぜひ。いくつか種類がある。

 駅周辺は街の中心とは少し離れているようで、商業施設は駅近くだとヨークベニマルぐらいである。駅からしばらく歩いて川を渡ると商店街らしきもの に到着する。図書館も訪問したが、こじんまりとした雰囲気で中々良かったかと思う。


いざ、めぐってみよう

駅名表。JR東日本でおなじみのアレですね、、

このように山形新幹線も発着している。

 5番線から。こちらは米坂線のホーム。駅の改札から入ると階段を上らず右に入って奥に行くことになる。

これも立派な米坂線の列車。誰だ、チンチン電車って言っ た奴は?!(実際に現場で聞いた)


総じて

そういえば米沢駅構内にFREESPOT(フリーWifi)がとんでいたな。。米沢牛で有名なあの米沢駅である。なかなか興味深い街なので、一度訪れてみるのもいいかもしれない。



 @ShiGe0207